2013年11月2日土曜日

Mitsouko Extract(1919) by Guerlain


2013/11/2 20:33:25 の感想

ラ・バタイユのヒロインであるミツコをモチーフにした香りで、これぞ名香と自信をもって言える香りがミツコのヴィンテージパルファムです。1919年フランス。第一次世界大戦のあおりをうけて各地で革命が起こり、ドイツやオーストリア=ハンガリー帝国などヨーロッパのいくつかの国では帝政が崩壊。そういった混乱の中で生み出された香り。ジャック・ゲランの名作です。
初めに試したのはオードトワレだったのですが、トワレはつんとしていて好きになれませんでした。パルファムを最初に香った時はオークモスが規制される前で、あの時にかいだ奥ゆかしく凛とした香りがずっと忘れられません。静けさの中にも強い意思のあるイメージ。

ジャック・ゲランが語っているように、ミツコは青山みつさんからはインスピレーションを得ていません。偶然にも、日本からオーストリア=ハンガリー帝国のクーデンホーフ=カレルギー男爵家へ嫁いだ女性がみつさんだっただけ。香水ショップにも堂々と説明書きがありますが、これは誤解なのです。でも重ね合わせたい気持ちはすごくよく分かりますよー。ジーン・ハーロウの夫ポール・バーンが自死する時にミツコを振りかけたという悲しいエピソードには心打たれました。

数年前、香料はオークモスからツリーモスへ変わったそうで...。さらにツリーモスも規制対象になってしまいました。オークモスやツリーモスは完全に使えなくなったのではなく、アレルギーの原因となるアレルゲンとして規制する方向。香水アレルゲンは接触アレルギーを引き起こす場合があるからだそうです。メーカーはNo.5やミツコやミス・ディオールが作れなくなると反対しているそうですが...

規制前と後のミツコ(Guerlain)をかぎ比べて切なくなりました。現行品は使いやすくなっていてそれはそれで良いのですが、最初の感動を思い出すと... 「オークモスがあってこそのシプレーなのに」と昨晩話していました。メーカーさんは努力されているだろうし本当大変だろうなぁ。

時代の流れと共に合成香料へと置き換えられることを余儀なくされた時、その「歴史的名香」をどうやって再現し続けていくかで調香師さまも苦心されているのではないかと思います。

追記1:
ヴィンテージのミツコ、写真では分かりませんが、若干液体の色が違う気が。空けたときから深い深いシプレが広がり、肌に乗せてみて説明できないけれど感覚的に「何か違う」と感じました。この時のミツコは確かにもっと深くて強い。
現行品のミツコが駄目かと言うとそうではありません。今のミツコは良い意味で敷居が低くなったし、纏いやすくなっています。ミツコはおばあさまの香りというイメージが払拭されたらよいな
と思いました。

追記2:
昨年2015年末、ゲラン香水ブロガーのムッシュ・ゲランさんからの情報によりますと、
「最近製造されたルールブルーとミツコのパルファムとEDPに深刻な嗅覚の欠陥を発見しました。結果として、ゲランのティエリー・ワッサーはそれらを再調整しながら、数ヶ月これら4種の生産と販売を一時停止することを決定しました」との事。生産復活した時にはどう変化しているのか、輝きを取り戻せるのでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿