2050年1月1日土曜日

香りの覚書ブログはじめました。

Kumiko Sakaki Solo Art Exhibition "The scent of the fop" trailer


こんにちは、さかきくみこです。
色々試香するうちに2013年個展「洒落者の残り香」のテーマにもなったのが香水の世界。ブログのタイトルは個展の名前に由来します。
(上記、予告編参照)

Diaryで香水のことばかり話していてもなあと前々から思っていたので、思い切って香水の覚書ブログをはじめました。ご存知のように、私は専門家ではございませんので多少独断と偏見もあるかと思いますが、大目に見て頂ければ幸いです。

よろしくお願い致します。

2018年9月30日日曜日

Frau Tonis Parfumの香り

Thank you Frau Tonis Parfum<3

皆さま、こんにちは。そういえば、まだドイツのパフューマリー、Frau Tonis Parfumの感想をブログに書いていなかったので記録したいと思います。(例のごとく、ちょくちょく更新していきます)
最近、ボトルやパッケージが新しくなって格好良くなりました。日本からも注文可能(本元のハリー・レーマンからは入手しにくい)ですし、ペンシルのようなトラベルサイズはリーズナブルなので是非トライしてみてください。

2018年9月11日火曜日

木霊 - TRNPの自然派香水(2018)

木霊(2018)new!

いつも応援しているオーストラリアの天然香水パフューマリーTRNPの調香師テオーネさんが、この9月に日本の精霊をモチーフにした新作香水「木霊」を発表しました。1960年代の日本を舞台とした恋愛小説(その中に出てくる彼女の神秘的で官能的な残り香)から直感を得たそうです。

ブログによれば、テオーネさんはその香りを具現化したいという強迫観念に駆られ、7月頃、私に「日本の精霊を主題にした香りを作っているのですが、日本語で良い名称はないでしょうか」とを訊ねられました。伏せておきますが、私は幾つかそのイメージに合う精霊や神様の名を挙げました。それで、テオーネさんが「素敵な響きだし良い感じがする」と選んだのが「木霊(Kodama)」でした。

8月中にプロトタイプのサンプルが届き、サイトでも発売されたので試したかったのですが「9月まで試すのを待って。一緒に送ったRose Embersのアンバー強化版できっと気がまぎれるわ。今最終版を作っているので完成したら最終版のサンプルを送ります」と言われておりましたので、しばらく待ちました(笑)そして昨日、最終版のサンプルが到着しました。

私に名付けを依頼して下さった件ついての記述がブログ記事にございますのでご覧ください。

2018年7月8日日曜日

Les Eaux De Chanelシリーズ3種


リゾートな匂いがしました。

シャネルの新作、Les Eaux De Chanelシリーズを試しました。カペル英大尉って1919年12月22日に事故で無くなられているのですね。私の亡き祖父が0歳1ヶ月の頃か……と思考が止まりました。大尉は別の貴族女性と結婚していましたが、シャネルのパトロンであり恋人であった人。ココはボーイとの子を授かりたかったが違法な手術の後遺症で出来なかった。後々、ココはその影響で妊婦嫌いになったとも。そうなんだよねぇ(T_T)シャネルの勝ち気で仕事熱心なところは元々の気質もあるのでしょうけれど、色々考えさせられます。
いかん、しんみりする……個人的な感想を書かせて頂きました。参考になれば幸いです。

2018年7月7日土曜日

Olfactive Studioの香り2種

綺麗なサンプルパッケージ~

皆さまこんにちは。
近頃はボトル買いをなるべく抑えて(?)サンプルを試すことが多いのですが、以前から気になっていたOlfactive Studioの香り「Ombre Indigo」「Still Life」を試しました。ボトルやビジュアルイメージがとても素敵で、最初はイタリアのパフューマリーかと思いました。現在12種の香水、4種のキャンドルが発売されているのでチェックしてみてください。