2015年4月20日月曜日

Parfums de Nicolaï 1


・・・ってまさかツァーリの香りか??と誤解したのが出会いでした(汗)それは、パトリシア・ド・ニコライさんがご主人ジャン=ルイ・ミショー(Jean-Louis Michau)さんとともに創設したフランスのパヒューマリー、Parfums de Nicolaïのこと。個人的に、ゲランさんの次に応援しているパフューマリーです。

「ド」が示すように貴族のご出身であり、ゲラン社の創設者ピエール・パスカル・ゲランの血をひいておられ、子供時代はゲラン家の香りの下で育ったというパトリシアさん。将来はゲルリナーデを継承したいと願っておいででしたが、ゲラン家の調香師は代々男性が継いでいたのでそれは叶わず、ご自身のブランドを作られたのだそうです。

 ゲランが一族の手から離れた後、秘伝のゲルリナーデは調香に使われていないそうで、聞くところによると一族最後の調香師ジャン=ポールさんが保管庫にしまったままだという話も。新生ゲランを率いるヴァッサー様は、先代をリスペクトしつつ現代的な解釈でゲランの香りを作っておられる(ラ・プティット・ローブ・ノワールのパルファムはオフィス向きという意味でも良かった)ので応援したいのですが、疲れた心にすーっと馴染んで自分を取り戻せるような香りが欲しかったのです。
(話が長くなるから香りの説明はなるべくほんわかシンプルに言います 笑)


いつもお世話になっている米国のサイトにてサンプルを幾つか取り寄せる際にニコライさんの香りも入手しました。先ずはフィグティとローズウードを試しました。Fig Teaは「甘酸っぱいイチジク入りグリーンティ」といった感じで、初夏にパシャッと浴びたい香りでした。

Rose Oud (EdP)はバイキリアンのローズウードよりもドライで「落ち着き払った沈香ローズ」といった印象で、湿気の多い日本では男性にもおすすめです。(どちらも良い香りですが、正直なところローズウードはキリアンの方が好みでした)

Kiss Me Tender (EdP)とKiss Me Intense(2014)の感想はこちらへ。

Sacrebleu(EdT, EdP)の感想はこちらへ。

Vanille Tonka(EdP)とVanille Intense(EdP)の感想はこちらへ。


 知り合いの方から教えて頂いたオダリスクはニコライさんのラインナップでは古株で、オークモスの効いた「しっかり者のシプレーフローラル」。(フレグランス系のウェブサイトでは大きくフローラルに区分されていました)仕事の前に纏えば自分の人間性を保ったままシャキッとできそうです。


 その一方で、ナンバーワンインテンス、ニューヨークインテンス、ウィークエンドをサンプルで試しました。ナンバーワンインテンスはニコライさんの最初の香り「ナンバーワン」のIntence版で、1989年に発表された「ナンバーワン」には仏フレグランス協会のベスト・パフューム・クリエーター国際賞金賞(Mouillette d’Or du Prix International du Meilleur Parfumeur)が贈られたそうです。ナンバーワンインテンスは「次世代の夜間飛行」。温かみのあるガルバナムと酸っぱく辛めのブラックカラントからサクレブリュよりも控えめなチュベローズとオレンジの花へ移行しますが、ベースの白檀、アンバー、ムスクが最初から顔を出しているのでフローラルっぽくないフローラルです。

 ウィークエンドは男性的な爽快感のあるフローラルグリーンで「朝露滴るハーブをもぎり取った皮手袋」の匂いに感じました。私よりも夫が良い香りだと言っていたので、割と男性が好きな香りの系統かもしれません。(女性向けでしたが)


ニューヨークインテンスは着けてみなければわからない虜になる香りです。(虜になった人がここにいます 大汗)ニューヨークは割と男性向けですがIntence版はクリーミーな匂いの期間が長く、元々の体臭がこんな感じだったのでは?的な香りです。ここにもオークモスが絡んでおりますが、ベチバーとクローブとアンバーなど、体臭に良く馴染む香りばかり。表現に困りますが「3~40代の背中から漂うアンバー」です...(笑)

個人的にはニコライさんのオンラインショップからの購入をお勧めします。

0 件のコメント:

コメントを投稿