2013年6月22日土曜日

L’Heure Bleue Extract(1912) by Guerlain



2013/6/22 15:48:07 の感想
一番好きな香りなので、後で書き加えるかもしれません。

フレグランスコンサルテーションで「お持ちでなければご提案したいと思っていました」と仰って頂けた香り。パルファム、オーデパルファム(サンプル)、ボディークリームを愛用しています。この香りが大好きなのですが「合っていないかもしれないな」と思うこともありました。(ルールブルーの逸話も香りもあまりに美しいので 汗)そういう事なので、じゃんじゃん使います(笑)
パウダリーでドライな優しさは、なくしかけた記憶を呼び起こし心揺さぶります。人それぞれの幸せのひととき。ジャック・ゲランの場合は戦前(WWI前の)のセーヌ川と日が落ちたばかりの蒼い時。切なさを奏でるアニス、アイリス、バニラ...主役は何といってもヘリオトロープ。たおやかで、雲がゆっくりと流れていくような柔らかさがあります。ジャック・ゲランが思い描いた晩夏の黄昏時の情景。ふとした瞬間に纏いたくなります。誰かのところへ行っても、最後には必ず戻ってくる。それがルール・ブルー。

トップ: アニス、ベルガモット
ハート: クローブ、ネロリ
ベース: アイリス、ヴァイオレット、ベンゾイン、バニラ、トンカビーン


追記1
昨年2015年末、ゲラン香水ブロガーのムッシュ・ゲランさんからの情報によりますと、
「最近製造されたルールブルーとミツコのパルファムとEDPに深刻な嗅覚の欠陥を発見しました。結果として、ゲランのティエリー・ワッサーはそれらを再調整しながら、数ヶ月これら4種の生産と販売を一時停止することを決定しました」との事。生産復活した時にはどう変化しているのか、輝きを取り戻せるのでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿